将来について

LGBTQ、特にトランスジェンダーの中学生、高校生の悩みとは!

トランスジェンダー特有の悩みとは

トランスジェンダーとは、心と身体の性が一致しないことを言います。

自認している性(心)とは違う方向に性徴が現れてくる
思春期のトランスジェンダーは、生きるだけで様々な困難と遭遇します。

・違う「性」の制服を着させられる
・自分の使いたい「性」のトイレが使えない
・校則によって、髪型を異性と合わせなくてはならない

 みんなが性適合手術を希望するわけではない

トランスジェンダーに対する偏見で多いのが
みんなが「性適合手術」を望んでいる
という誤解です。

例えばMTF(性自認は女性だけれど、男性の身体で生まれてきた)が
全員、男性器を取りたいと思っているわけではないのです。

身体を完全に女性らしくしたいと考える人もいれば、
胸だけ作りたいと考える人、
ホルモン治療だけでいいと考える人、
女性らしい服装を社会的に認めてほしい人など
人によってなりたい自分は別々です。

トランスジェンダーの方々が全員
「性適合手術」を受け、戸籍を変えたいと願っているわけではありません。

思春期のトランスジェンダーの悩み

思春期の子供たちは、学校という社会に属さなければなりません。

トイレの問題を一つ取ってみても、
男性用と女性用のトイレしか用意していない学校が大多数です。

MTF、FTM(性自認は男性だけれど、女性の身体で生まれてきた)が
自分の自認する「性」のトイレを使いたいと思うのは当然です。

自認する性のトイレに入ろうとしたら、
変態扱いされ、いじめの標的になる可能性もあります。

デパートや駅では、多機能トイレに入れます。

学校はその準備さえされていないので、
トイレに入るのも、苦痛に感じる子もいます

トランスジェンダーの体験談

私は女性です。

しかし、生まれた時から身体は男性という、
いわゆるMTFです。

今年、28歳になりました。

私の人生を振り返ってみました。

ランドセルの色さえ違和感を覚える

小学生の頃、私は黒色のランドセルを背負って
学校に通っていました。

同級生の女の子を見て

私も赤いランドセルがいいな

と思ったことを、今でも覚えています。

小学生の頃は、ちょっと女性っぽい仕草があったので、
「オカマ」などとクラスメイトからは言われていましたが、
いじられキャラで、明るく過ごしていました。

胸が大きくならないことへの違和感

小学生の頃は、

成長したら、周りの女子と同じように胸が大きくなり
男性器もなくなる

と、漠然と思っていたのかもしれません。

しかし、声変りをして、男性器も成長します。

今考えれば当たり前のことですが、すごくショックでした。

学校で学ランを着させられるのも嫌でした。

校則で髪型は耳にかかってはいけないと記されていたので
髪型も短くしなければいけませんでした。

そんな息苦しさからか、私は不登校になりました。

親の理解が得られないツラさ

私は不登校になり、引きこもりがちになってしまいました。

そんなとき、テレビのニュースで
「性同一性障害」のことを知りました。

一緒にニュースを見ていた父親は
「性同一性障害」の人に向かって、
さげすんだ言葉を言っていました。

私は口が裂けてもカミングアウトできないと思いました。

マルス
マルス
トランスジェンダーへの差別や偏見は
まだまだ残っているのが現状です。

高卒認定試験を取り、独り暮らしを始めた

私は18歳の頃、高卒認定試験に合格し、
翌春には都内の大学に入学しました。

独り暮らしを始めて、
私は生まれて初めて自分らしくなれたと思います。

大学へはスカートをはいていき、
LGBTの集まるサークルに入りました。

そこで、友だちに初めて
自分がトランスジェンダーであることを
カミングアウトすることができました。

LGBT当事者やトランスジェンダーに理解のある友人と出逢い、
私は本当に変われました。

念願だったホルモン治療も始めました。

手術代を貯める日々

今はトランスジェンダーに理解のある会社で
女性として事務の仕事をしています。

私は「性適合手術」を受け、
戸籍も女性に変えたいと思います。

手術の費用は高額です。

生活を切り詰めて、その費用を貯めるのが
私の今の目標であり、夢です。

母親には就職をきっかけにカミングアウトをしました。

母親はうすうす気づいていたようで
「自分らしく生きなさい」と言ってくれました。

父親には、まだ話せていません。

手術を受ける前には、ちゃんと話をしようと考えていますが
受け入れてもらえないのでは、と思い、不安です。

父親に反対されても自分の生き方を変えるつもりは
毛頭ないんですけどね。

周囲に相談できなかったら

学び舎MXMでは、性で悩んでいる若者への相談支援もしています。

スクールを運営している僕はゲイで、トランスジェンダーの友人もいます。

誰かに話すのが怖かったり、直接会うのに抵抗があれば、
LINEで僕に相談してみてくださいね。

少しでも気分が楽になるように、お話を伺います

性で悩んでいる君へ