LGBTQについて

トランスジェンダーとは何ですか? その疑問をわかりやすく解説

トランスジェンダーとは何?

一昔前は「性同一性障害」という言葉が使われていたトランスジェンダー。

“障害”という言葉を使うのは、正確にトランスジェンダーを指していないので
(トランスジェンダーは病気でも障害でもない)
今はトランスジェンダーという言葉を使うのが一般的です。

トランスジェンダーは大きく
FtM」と「MtF」の
2つに分けることができます

「FtM」と「MtF」

人間には、性自認(gender identity)と他人から見た性別があります。

「FtM(female to male」とは性自認は男性であるにもかかわらず、
見た目、身体的特徴が女性で、
社会的に女性として扱われ、
社会から与えられる役割が女性的な人のことを言います。

簡単に言えば、自分の心の性(男性)に
外見も近づけていきたいと考える人たちのことです。

便宜上、ここでは「心の性」という言葉を使いますが
心の性」はあまりトランスジェンダー当事者は使いません

人間にとって大切なのは、あくまで自分が認めた「」です

「MtF(male to female」は性自認が女性で、
男性的な見た目、身体的特徴を持った人のことです。

女性的な風貌に変わりたいと考えたり
社会に女性的な扱いをしてほしいと思ったりする人たちを
「MtF」と言います。

 

「性自認」と「恋愛対象」はまったく別のもの

「トランスジェンダー」という言葉が、
きちんと理解できていると、
トランスジェンダーの中にも、
ゲイ、バイ、レズビアンが存在するということがわかると思います。

性自認が「男性」で、女性的な性徴を持つ「FtM」が
男性」を好きになることも、おかしいことではありません。

MtF」が「女性」を好きになっても、
特別に異常なことではないのです。

性自認(gender identity)と性的指向(sexual orientation)が
必ずしも別の性でなければいけない

というのは、異性愛者の偏見であり、LGTBQへの差別です。

マルス
マルス
トランスジェンダーで同性愛者という人も
いっぱいいます

「Xジェンダー」とは?

「Xジェンダー」とは、
自分の性別を「男性」と「女性」のどちらかと決めなかったり
自分の中には「男性」と「女性」の両方があることを認めたりする
人たちのことです。

「Xジェンダー」のことを、トランスジェンダーのように表して
「FtX」とか「MtX」という場合もあります。

注意点

性自認は「男性」と「女性」のどちらかでなければならないというのは
「Xジェンダー」の人たちにとっては押しつけになります

そのほかにもある、いろいろな性

L(レズビアン)、
B(バイセクシャル)、
G(ゲイ)、
T(トランスジェンダー)、
Q(クエスチョニング)だけではなく、
性には他にもいろいろあります。

「LGBTs」という言葉も最近馴染みが出てきましたが
『s』には、「Aセクシャル」や「ノンセクシャル」などの方も含まれています。

Aセクシャル」は日本語で無性愛と訳されます。

恒常的に恋愛感情や性的欲求を抱かない人たちのことです。

性自認は男性だったり女性だったり、両性だったりと
様々です。

エイセクシャル、アセクシャルともいわれます。

他者に対して、
友情は抱くことがあっても、恋愛感情は抱かない、
というのは、異常なことではないのです。

ノンセクシャル」は日本語で非性愛と訳されます。

他者に対して恋愛感情は抱いても、
恒常的に性的欲求を持たない人たちのことです。

性欲がない人がいても、
それはそれで不思議なことではありません。

自分の性に悩みを覚えたら

学び舎MXMでは、性で悩んでいる若者への相談支援もしています。

スクールを運営している僕も、LGBTs当事者の1人です。

誰かに話すのが怖かったり、直接会うのに抵抗があれば、LINEで僕に相談してみてくださいね。

少しでも気分が楽になるように、お話を伺います

性で悩んでいる君へ