LGBTQについて

今さら聞けない!? セクシャルマイノリティの意味を簡単に説明

セクシャルマイノリティって何?

セクシャルマイノリティを語る上で、
性的指向(sexual orientation)と性自認(gender identity)という言葉の
意味を知っておく必要があります。

性的指向とは、どういう性を恋愛対象とするか。

性自認とは、自分の性別をどう思っている。

性的指向と性自認を合わせて
SOGI(ソジ)」という言葉も一般的になっています

性的指向で区別するなら
レズビアン)……女性同性愛者
ゲイ)……男性同性愛者
バイセクシャル)……両性愛者

性自認が、身体の性と合致しない人のことを
トランスジェンダー)と言います。

これらの頭文字を取って
LGBT」という言葉をよく耳にするようになりました。

しかし、実は「LGBT」以外にも
セクシャルマイノリティは存在します。

マルス
マルス
セクシャルマイノリティ=LGBT
というわけではないのです。

LGBT以外のセクシャルマイノリティ

自分の「SOGI」が、定まっていない人、迷っている人のことを
クエスチョニング)と言います。

最近では、このクエスチョニングの人たちをプラスして
LGBTQという言葉も定着しつつあります。

クエスチョニングは身体や心が急速に成長する
10代の若者に多いと言われていますが、
もちろん、20代以上の大人にも存在します

「性」は2つではない

世の中に性別は「男性」と「女性」しかないと
考えている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そう考えていない人も存在します。

それが「Xジェンダー」と呼ばれる人たちです。

そして、そのXジェンダー
セクシャルマイノリティの1つです。

MtX(male to X)」とFtX(female to X)」に分けられ
男性」「女性」のどちらの性にも属さない、
両方の性を持っている、などと感じています。

Xジェンダーに対して、
自分の性概念に当てはめて、価値観を押し付ける行為は、NG。

1つの個性として尊重しましょう。

「SOGIハラ」に注意!

その人の性的指向性自認に対して、
ハラスメントをしないよう、日ごろから心がけましょう。

ハラスメントは、その言動をした本人に悪意がなくても
受けた本人は精神的にとても傷つくものです。

「ホモ」「レズ」「オカマ」などの差別用語を言う行為も
立派な「SOGIハラ」です。

例えば、あなたが

昨日、街で女装しているオカマを見たんだけど、
本当に気持ち悪いよな。

と、友人に言ったとしましょう。

その友人は、実はトランスジェンダーであり、
そのことを隠しているだけかもしれません。

そんなことを言われては
友だちはとても強い精神的ショックを受けるでしょう。

相手の「SOGI」を知らないで
勝手にセクシャルマイノリティでないと決めつけ
差別発言をするのは、社会的に許されないことです。

もし、カミングアウトされたら

友だちや家族、同僚などに
自分はセクシャルマイノリティだ」とカミングアウトされた場合
そのセクシャリティを否定することだけはやめてください。

一般的な常識を持った人間なら
相手の個性を否定することはいけない、と
わかっているでしょうが、
意外に多いのが「アウティング」です。

アウティングとは、
その人の意図しない形で
周囲の人にその人のセクシャリティが広まってしまうことです。

例えば、あなたが大親友であるAさん

私は、実はトランスジェンダーなんだ

とカミングアウトされたとします。
あなたは、Aさんとの共通の友だちに

あの子は本当は男の子だから、今日から男の子として接してあげて

と、伝えまわったとしましょう。

それが悪意のある行動ではなく、
Aさんのためを思って、善意から行動したとしても、
Aさんの意図しない方法で、
Aさんのセクシャリティは広まってしまします。

これは立派なアウティング

アウティングは自殺者が出るほど重大なハラスメントで
絶対にしてはいけないことです。

友人やお子様、自分が「性」に悩んだら

学び舎MXMでは、性で悩んでいる若者への相談支援もしています。

スクールを運営している僕も、LGBTQ当事者の1人です。

誰かに話すのが怖かったり、直接会うのに抵抗があれば、LINEで僕に相談してみてくださいね。

少しでも気分が楽になるように、お話を伺います

性で悩んでいる君へ