不登校について

不登校の小学生・中学生はどんなフリースクールに通うのがいいのか?

フリースクールとは

フリースクール」とは、そもそもどんなところでしょうか。

フリースクール」に関する明確な定義はありません。

不登校やひきこもりの小中学生のための
学校以外の教育機関・学びの場

といったところでしょうか。

大きく分けると

1.在籍校への「復学」を目指す支援を目的とする
2.生徒の個性を尊重し、様々な方法で社会復帰を目指す

の2つに分けられると思います。

保護者の大多数は、
不登校になった子どもに「復学」を目指してほしい
と考えています。

しかし、子どもからしてみれば、
一度かなりの覚悟を決めてまで「不登校」という決断をした
学校に戻ることは、
相当なストレスですし、困難を極めます。

僕は子どもに「復学」しか選択肢を与えないのは
親や教育者のエゴだと思っています。

復学の重要性

子どもが今まで通っていた学校に
また通えるようになることを「復学」と言います。

一見「復学」は素晴らしいことのように感じます。

学校の教員は、
生徒が不登校になったら「復学」させようとしますし
親も大して苦労せず、
子どもを「不登校」から脱却させることができます。

僕が見てきた事案で
復学」をスムーズにできた例はゼロです。

不登校」になるお子様は、
様々な理由から学校に「居場所」が見いだせなく
不登校」という究極の選択をするわけです。

そこには子どもながらに、
強い葛藤と罪悪感をかかえているケースも多いです。

居場所」がない学校に再度戻ることは
子どもにとって苦痛以外の何ものでもありません。

でも、両親は「復学」にこだわります。

口にせずとも「復学」してくれればいいな、と
心のどこかで思っています。

それでは、親子の信頼関係は薄れていくばかりです。

子どもに合ったフリースクールを選ぼう

子どもが不登校になったから、
最寄りの「フリースクール」に通わせよう

それでは、意味がありません。

不登校の児童・生徒には、もちろん個性があります。

同じように、「フリースクール」にも個性があります。

個性が合った「フリースクール」に子どもを通わせなければ
子どもにとって「フリースクール」に通うことも苦痛になります。

どこの「フリースクール」も無料説明会や体験入会があります。

あなたの話も熱心に聞いてくれるでしょう。

そこで、「復学」だけにこだわった説明をされたら
その「フリースクール」は入らない方が賢明です。

復学」の実績を見せられれば、
あなたはこう思うでしょう。

うちの子も、在籍する学校にまた通えるようになるんだ!

それは自分の願望からくる妄想です。

何故なら、僕は無理矢理「復学」させて、
不登校」から「ひきこもり」になってしまった
不登校」が悪化した例をいくつも見ているからです。

自分の子供が何に悩んでいるのかを知る

フリースクール」選びに欠かせないのは
自分の子どもが何に悩み「不登校」になったのかを
知ることです。

簡単そうに思えるかもしれませんが、
子供自身、何に悩んで「不登校」になったかわからない、
なんてことも多く存在します。

何故、不登校になったのか、を
一緒に考えてくれる「フリースクール」が
僕は良心的な「フリースクール」だと考えます。

勉強も大事ですが、
不登校になった子どもの心のケアが一番重要なのです。

お子様が「性」に悩んでいたら

学び舎MXMでは、性で悩んでいる若者への相談支援もしています。

スクールを運営している僕も、LGBTQ+当事者の1人です。

自分の子どもに限って、セクシャルマイノリティであるはずがない!

そう決めつけるのは軽率です。

お子様がセクシャルマイノリティである可能性を感じたら、
一度お問い合わせください。

全国各地、初回相談は無料です。

お問い合わせ