LGBTQについて

LGBTとは何? どれくらいの割合でいるの? わかりやすく解説

LGBTという言葉の意味

LGBT」とは
(レズビアン)……女性同性愛者
(ゲイ)……男性同性愛者
(バイセクシャル)……両性愛者
(トランスジェンダー)……自認する性と身体の性に違和感を覚える人
の頭文字をとったものです。

性的指向」を表す「LGB」と
自認する性(Gender Identity)と身体の性が一致しない「」は
ちょっと種類が違います。

ちなみに、「性的指向」とは
生まれ持ったもので、変えられないものです。

そのため、「嗜好」や「志向」ではなく、
指向」という言葉を使います。

ちなみに、異性愛者のことは
「ヘテロセクシャル」「ヘテロ」「ストレート」とか言います。

「ホモセクシャル」は英語の「Homosexual」からきていますが、
日本では昔、男性同性愛者のことを「ホモ」と呼んでいました。

「ホモ」には差別的なニュアンスが含まれているので、
現在では「ゲイ」という言葉を使う方が一般的。

「ホモ」は差別用語です。

「レズビアン」を略す時も
「レズ」ではなく「ビアン」というのが今ではよく使われます。

「レズ」も差別用語ですから、使わないように気をつけましょう。

トランスジェンダーとは?

トランスジェンダーは一昔前「性同一性障害」と言われていました。

しかし、障害でも病気でもないので、
今では「性同一性障害」という言葉はあまり使われません。

ジェンダー(Gender)とは英語で「性別」のこと。

自分で思っている(自認している)性と
身体や周囲が思う性が一致しない、違和感を感じる人のことを
トランスジェンダーといいます。

生まれ持った戸籍が女性で、性自認が男性の場合「FtM」
生まれ持った戸籍が男性で、性自認が女性の場合「MtF」
といいます。

トランスジェンダーだからといって、
みんなが「性別適合手術」をしたいと考えているわけではありません。

服装や髪型だけ変える人、ホルモン療法だけでいい人、など
考えは個人個人で違うのです。

クエスチョニングとは?

自分の性自認や性的指向について悩んでいる、迷っている
またはどれにも当てはまらないと考えている人のことを
クエスチョニング)といいます。

思春期を迎えたばかりの10代に多いと言われています。

今ではLGBTに、クエスチョニングを加え、
LGBTQという表現もよく目にします。

まだまだある、セクシャルマイノリティ

自分が「男性」「女性」のどちらにも当てはまらない、
どちらにも当てはまるという概念もあります。

性は2つとは限りません。

自分は「男性」でも「女性」でもないという人のことを
Xジェンダー」といいます。

生まれ持った戸籍が女性の場合「FtX」
生まれ持った戸籍が男性の場合「MtX」と呼びます。

また、恒久的に恋愛感情がない「Aセクシャル
性欲がどちらの性にもわかない「ノンセクシャル」など、
LGBTQ」の枠にとらわれないセクシャルマイノリティもいます。

そういう人たちを含めて
LGBTQ+」といいます。

LGBTQ+の割合は?

実は、現時点で「LGBTQ+」の割合を出した、
信頼できるデータはありません。

しかし、いろんな規模の「LGBTQ+」の割合に関する調査があり、
それらをまとめると、人口の3%~8%というのが現実的な数値です。

少なくともクラスに1人は存在するもので、
特別、珍しいものではありません。

左利きの人、AB型の人と同じくらいの割合だと考えてください。

マルス
マルス
LGBTQ+だからといって
特別に感じる必要性はないんだ!

「性」に悩みんでいる君へ

学び舎MXMでは、性で悩んでいる若者への相談支援もしています。

スクールを運営している僕も、LGBTQ+当事者の1人です。

誰かに話すのが怖かったり、直接会うのに抵抗があれば、LINEで僕に相談してみてくださいね。

少しでも気分が楽になるように、お話を伺います

性で悩んでいる君へ