将来について

不登校になると、就職できない?? そんな悩みや不安を解決します!

不登校経験者でも、社会で活躍している

小中学校の時、不登校を経験しても
ちゃんと心のケアができて、社会性を身につければ
一般社会に復帰できます。

その方法はいろいろ。

僕が考えるルートは、大きく分けて2つあります。

まずは高校から社会復帰をする形

私はサポート校に通いながら、
通信制高校に入ることをおススメしています。

通信制高校は今は卒業率も9割を超え、
もちろん高卒の資格が取れます。

学力や家庭の経済状況にもよりますが
その後、専門学校や大学に進学し、
正社員として就職。

社会復帰を果たす子も多いです。

高校で不登校になったら

中学生の遅い段階や高校で不登校になった子には
高卒認定試験の受験をおススメしています。

高卒認定試験とは、その名の通り、
その試験に合格すれば高卒の資格を取れる、というもの。

そのまま就職するという手もありますが、
僕は専門学校や大学といった高等教育機関に入学することを
すすめますね。

大学進学をおススメする理由

不登校からいきなり一般社会に復帰するのは
結構ハードルが高いです。

会社ではパワハラモラハラなど、
上司や同僚からの嫌がらせも多く
ブラック企業に勤めてしまった場合
体力的に疲弊し、精神が崩壊してしまう人もいます。

それは、体力自慢の体育会系部員でもあることですから、
不登校であまり外出をしていなかった子は
特に体力面で不安が残ります。

不登校から一般社会に復帰するステップとして
僕は大学というところが一番適していると思います。

大学は一日5時限まであるところがほとんどですが、
そのすべてに出席する必要はありません。

必修科目は履修しなければなりませんが、
それ以外の科目は選択制になっています。

朝が苦手な子は、午前中の講義を取るのを避ける、
週5日学校に通える自信がなければ、どこか1日休みにする
などといった履修の仕方もできます。

また、全授業をクラス単位で受けるわけではないので、
いろいろな学生と交流ができます。

サークルに入れば、サークルの仲間もできます。

交友関係が広がり、社会性も身につきます。

日本はいまだに学歴社会

やはり、大手企業などでは、

最終学歴が大卒以上

という採用基準があるところが多いです。

大学を卒業しておけば
それなりに就職に有利になることは、否定できないでしょう。

また、やりたいことが明確な場合
それに必要な資格を取れる大学も多く存在します。

自分の不登校の経験を活かし、将来は教職員になりたい

と考えた場合、大学に行かなければ教員免許は取得できません。

僕も大卒ですが、
大卒資格があって邪魔になった経験は一度もありません。

大学に行っておいて良かったと思うことばかりです。

不登校から脱せず、ニートになる例も

毎日新聞の調査では、

不登校を経験していると、ニートになる確率は6~7倍になる

というデータも出ています。

不登校を放置し、ちゃんとした精神的ケアをしてあげないと
ニートや引きこもりになりやすい傾向は否定できません。

不登校になっても、

時間が経てば自立して、一般社会に復帰する

というのは、あまりにもポジティブ過ぎる考え方。

フリースクールに通わせたり
専門家に相談したりすることは、
重要なことだと思います。

不登校で悩んでいたら、一度ご相談を

学び舎MXMは、LGBTQ+に特化したフリースクールです。

しかし、不登校で悩む子供や親の相談にも乗っています。

全国各地、初回相談は無料です。

自分の子どもは絶対にセクシャルマイノリティではないと思っていても、
一度、お気軽に相談してください。

お問い合わせ